サンふじ 通販

山形名物「サンふじ」を購入するなら通販で購入・お取り寄せがお勧め!!

サンふじりんごは多くの人から愛される人気のブランドです。ここでは、サンふじりんごの魅力について色々お届けしたいと思います。

サンふじりんごとは?

特徴

ミネラル豊富なサンふじりんご
サンふじりんごは、日本国内で最も沢山栽培されているりんごになります。サンふじりんごの「サン」と言うのは、「太陽=SUN」を意味しており、無袋栽培によってたっぷり太陽の光を浴びて育ったサンふじりんごは、ビタミンやミネラル成分が豊富に含まれており、りんご自体の糖度の高さも特徴です。食感もシャキっとした歯ごたえがあり、りんごの甘味と酸味を絶妙なバランスで味わう事が出来、存分にりんごの旨味を堪能する事が出来ます。
実が大きくてしっかりしている
サンふじ

サンふじの大きさは、基本的におよそ300~400g程度となっており、りんごの果汁がたっぷりあり味のバランスが良く、りんごとしての甘味と香りがしっかりしています。蜜が入りやすい事も特徴なのですが、最近では出荷する際にセンサーを用いて糖度や蜜の具合を判別し、糖度や蜜入りが高い物は選別されて高級品りんごとして扱われています。

保存性が高く長期保存も可能
サンふじりんごは、貯蔵性が高い性質の特徴として挙げられます。なので、低温庫で保存した場合には約半年以上りんごの品質を保つ事が可能であると言われています。また、サンふじには果皮表面にりんごの天然ワックス成分が付いている為、ティッシュや布でこするだけで皮に艶が出ます。このワックス成分は、りんご自身が保存性を高めるために自ら分泌しているものなので、食べる直前にワックスを拭いて食べるのがお勧めです。

サンふじ 通販りんご一筋60年!りんご専門店を見てみる

名前の由来

サンふじの「サン」は「太陽=SUN」

サンふじりんごとふじりんごは、「一体何がどう違うの?」と思っている方もいるのではないでしょうか。前途でもお伝えしていますがサンふじりんごの「サン」は、「太陽=SUN」を意味しており、“太陽をたっぷり浴びたりんごであるかどうか”が違いの見分け方になります。
つまり、サンふじりんごは栽培時にたっぷり太陽の光を浴びて育ったりんごを指し、一般的なふじりんごは収穫前の成熟期に有袋(ゆうたい)と言われる袋をかけて栽培されています。袋をかけた栽培方法を有袋と、サンふじりんごのように袋をかけない栽培方法を無袋(むたい)と言います。

サンふじ

サンふじりんごが有名な理由とは?

生産地

サンふじりんごは山形県朝日町が発祥の産地

サンふじりんごは、山形県朝日町で誕生したりんごブランドです。無袋栽培方法を作り上げた発祥産地であり、りんごとして絶品の味であるサンふじは全国に有名に知られています。サンふじが栽培されている山形県朝日町は、雪国の山形県の中でも豪雪地帯の地域になっています。そのような地域環境の元、りんごに袋をかけずに栽培される無袋栽培のサンふじは、豊富な太陽の光を受けて育っていきます。サンふじの果肉の中には、完熟されている証としてアメ色の蜜がたっぷり入っており、酸味と甘味が絶妙なバランスで配合されています。
袋をりんごに被せた有袋栽培と異なり、サンふじの外見は劣りますが、何より味については外見よりも食味を最重視して優先させた究極の栽培方法なのです。長年の栽培研究の努力の甲斐あって、山形のサンふじは知る人ぞ知る高級ブランドりんごとしての地位を築いています。全国的に有名品種であるふじりんごとの差別化を図り、サンふじを山形県朝日町産の無袋栽培りんごとして、りんごブランドの地位を確立しています。

全国に広まった歴史

山形県朝日町で誕生した画期的な栽培方法

サンふじは、もちろん太陽であるSUNから由来していますが、実は、朝日町の朝日は太陽の意味があります。りんごの無袋栽培方法に移行していった経緯には、りんごは年中太陽に当たりながら栽培した方が糖度や蜜度のアップする事が理由になっています。りんごとしての外見は良くありませんが、何と言ってもりんごの味を格段に上げて栽培出来る事から、発想を転換して無袋栽培を採用しています。無袋栽培は貴重な自然の恵みである太陽の光を存分に有効利用した画期的な栽培方法なのです。

サンふじ

山形県の土地の利点である朝夕の厳しい気温の冷え込みが生み出す気候環境によって、昼夜の温度差がサンふじを美味しく栽培出来る大きな魅力になっています。この朝日町で誕生した無袋栽培方法は、当時、画期的なリンゴの栽培方法として全国的に大きく支持されるようになり多くの人にサンふじが広がっていったのです。

サンふじりんごが誕生した理由

栽培方法の研究の成果

昔は、ふじりんごの栽培と言えばりんごに袋をかけて栽培する有袋が一般的でした。しかし、有袋はりんごに一つずつ袋をかける安心手法でしたが、栽培作業には大きく手間がかかる事が栽培方法としての課題でもありました。そこで、山形県朝日町では、昭和45年に全国でも先駆け栽培方法である、無袋ふじ栽培に取り組み始めます。
当時の生産者が、たまたまりんごの袋が風で外れて育ったふじりんごを見て、無袋栽培も出来るのではないかと思った事がきっかけで、無袋栽培の研究が始まったと言われています。木形が美味さを表すと言う事に着眼して、新枝は6月まで30cm伸ばす、摘果は3回繰り返して吟味し、葉っぱを摘み直接太陽の光を当てる等、様々な栽培研究が行われ、りんごの実の日当たりと日陰を無くす為の地道な作業と技術の研究が進み、無袋栽培に徐々に移行していった歴史があります。
こうして、研究を重ねて誕生した無袋栽培方法で作られたりんごは、りんごの糖度がおよそ2度アップし酸味も増加し、りんごにこれまでに無い濃厚な旨味が誕生しています。山形県全体に無袋栽培方法が大きく普及し、現在ではこの栽培方法の考え方や食味を重視する考え方が全国的に受け入れられ、高級りんごブランドとして、サンふじが世の中に普及していったのです。

サンふじりんごの味が「日本一」と言われる由縁とは?

熟練の栽培研究に裏付けされた高い評価

サンふじは、山形県朝日町で昭和45年に誕生したりんごです。りんご栽培に関して様々な試行錯誤を繰り返し、数年経った頃から少しずつりんごブランドとして結果が出るようになります。その経緯には東京でサンふじの試食販売を行って売り込みを行った際に、有袋栽培りんごより価格が高くついた事で「りんごの味は日本一」と言う高い評価に繋がった事で、サンふじは全国的に有名になっていきます。

サンふじりんごが人気の理由とは?

蜜がたっぷり入っている究極のりんご

サンふじの人気理由は、何と言っても果肉にたっぷり含まれているアメ色 の蜜入りが秘訣となっています。りんごの生産地として有名な山形県でもサンふじは生産量が少ないので、大変希少なりんごがサンふじなのです。
サンふじのりんごの蜜部分には、自然の甘味成分が豊富に含まれています。りんごの蜜も自然な甘さなので、甘ったるい味で無く爽やかな甘みを口に運んだ際に感じさせてくれます。サンふじは、大変りんごの着色が良く実のお尻部分まで真っ赤になるのが特徴です。食味も良く果実はぎっしり硬く、果汁もジューシーで味わい深いりんごになっています。特に、りんごの蜜入が高い事で、食味が大変良いと人気を得ています。
サンふじりんごは、りんごとしてとても有名な品種になるので、収穫時期にはスーパーや青果店でも購入する事が可能です。しかし、特に栽培にしっかりこだわって育てられたサンふじを購入したい・食べたい方は、インターネット通販で購入したりお取り寄せしたりするのがお勧めです。


サンふじ 通販りんご専門店の通販サイトでサンふじを見てみる